iroiromazeru

「青汁の苦味と匂いが苦手」という人は、青汁を溶かすものを工夫してみましょう。牛乳やヨーグルト、またジュースや炭酸割りなど、青汁をおいしく飲めるアイデアは無数にあります。

青汁に混ぜてみたドリンク一覧

乳製品からジュース、炭酸飲料まで、青汁はどんなドリンクにも混ぜることができます。それぞれ違った味わいを楽しめますので、色々と試してみましょう。

青汁+フルーツジュース

ジューシーで甘酸っぱいフルーツジュースは、青汁をすっきりと爽やかな味わいにアレンジしてくれます。定番はオレンジジュースで、バナナジュースも飲みやすさ抜群です。

子どもや女性に人気がある飲み方で、フルーツの種類によって、さまざまな風味を楽しむことができます。果汁100%のものを選ぶと、グリーンスムージー感覚で飲めますので、朝の1杯におすすめです。

青汁+牛乳

牛乳を混ぜるとまろやかな味わいになり、青汁がとても飲みやすくなります。牛乳の風味が野菜の青臭さを緩和してくれるので、苦手な人でもすんなり飲むことができます。青汁愛飲者のほぼ半数「牛乳割りで飲んでいる」といわれているほど、一般的な飲み方です。

青汁+ヨーグルト

ヨーグルトの酸味とまろやかさで、青汁の青臭さが中和されます。次のようなトッピングを加えるとさらに食べやすくなり、おやつや軽食感覚になります。

はちみつ:ヨーグルトの酸味に甘みを加えることで、青汁の苦味はほとんどかき消されます。デザート感覚で美味しく食べられるところもGOODです。

アーモンド:細かく砕いたアーモンドを数粒トッピングすると、香ばしくなります。食べごたえもでてくるので、ちょっとお腹が空いたときの軽食替りに。また、アーモンドはミネラルが豊富ですので、さらに栄養バランスが良くなります。

黒豆&黒蜜:和風テイストでおすすめなのが、黒豆や黒蜜です。独自のコクとまろやかさが「青汁ヨーグルト」の苦味を和らげ、食べやすくなります。

バナナ:バナナを厚めの輪切りにしてヨーグルトに混ぜると、食べごたえのあるデザートになります。バナナの甘みが青汁の苦さを緩和してくれます。

青汁+調整豆乳

青汁と調整豆乳の組み合わせは、野菜が持つ力と大豆が持つ力を併せ持つため、健康食品として最強のカップリングといえます。

それぞれ味や匂いが独特な食品ですが、混ぜ合わせることでお互いのクセを打ち消し合い、味が整えられる効果があります。

青汁+炭酸

青汁を炭酸で割ると、クセのある香りや味をほとんど感じさせません。そのため、炭酸割りは、青汁ビギナーにもおすすめの飲み方です。中でも甘みが入ったサイダーで割ると、さらにおいしさがUP。

その他にも、青汁に炭酸水とはちみつを混ぜたり、ジンジャーエールで割ったりしても飲みやすくなります。

青汁+トマトジュース

青汁にトマトジュースを加えて飲むと、口に含んだ瞬間は青汁の香りが広がり、その後からトマトジュースのフレッシュな風合いがじわじわと感じられます。この味の連携感は、好きな人には、たまらないようです。

トマトジュースの爽やかな青っぽさが、苦味をカバーしてくれるので、口当たりはすっきり。もともとトマトジュースや野菜ジュースが好きな方に、ぜひ試して欲しい組み合わせです。

青汁+スープや味噌汁

味噌汁は大豆でできているため、青汁を組み合わせると、ビタミン、ミネラル、良性タンパク質、食物繊維などをまんべんなく摂取することができる完全食になります。また、味噌汁が深みのある味わいになるので、味噌汁が好きな方なら「普通の味噌汁よりおいしい」と感じるでしょう。

青汁をポタージュスープにして飲む方法もおすすめです。コーンポタージュとの組み合わせは、見た目はホウレンソウスープのようになり味も抜群、食事のメニューに最適です。

ただ、青汁によっては、熱に弱い栄養素が含まれている場合がありますので、味噌汁やスープでも冷たいものか温めのものに混ぜるのが良いでしょう。

青汁の苦味や青臭さを軽減するその他の方法

ドリンクに混ぜる方法以外でも、ちょっと食材を加えるだけで、青汁独特の風味を軽減することができます。参考に覚えておきましょう。

苦味が気になるときは…

甘味をプラスするだけで苦味が消え、味がまろやかになります。カロリーが低く栄養価の高い、はちみつやメープルシロップ、黒蜜などがおすすめです。

青臭さが気になるときは…

レモンやグレープフルーツ、オレンジなど柑橘系の果物のしぼり汁を少し加えると、「青臭さ」が軽減されます。

まとめ

青汁をおいしく飲む方法はたくさんあります。「まずい」と感じるものを、我慢をしながら無理やり飲んだのでは、長続きしません。おいしく&楽しく青汁と付き合っていけるように、自分の好みに合った飲み方を探してみましょう。

酵素青汁の関連記事はこちら

酵素青汁 TOP