ninpu

青汁は、妊婦の方でも安心して飲める健康食品です。お腹の赤ちゃんにもお母さんにも必要な栄養素がたくさん詰まっているので、むしろ積極的に摂って欲しい食品といえます。

ただ、アレルギーや持病を持っている方はもちろん、妊娠中は体調が変化しやすいこともありますので、念のため、かかりつけの医師に確認してから飲み始めるようにしましょう。

青汁って母体や胎児に悪い影響はないの?

さまざまな栄養素がふんだんに詰め込まれている青汁。「中には妊娠中に摂り過ぎてはいけない成分が入っているのでは?」と心配される方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。商品の種類を選ぶ際に、いくつか気をつけたいチェック項目を心得ておけば大丈夫です。

青汁に含まれているビタミンAは大丈夫?

妊婦の方は、よく病院で「ウナギやレバーの食べる量を控えるように」といわれます。これは、ビタミンAの過剰摂取を防ぐためですが、青汁にも、体内でビタミンAに変化するβカロテンが多く含まれています。

青汁に含まれるβカロテンの摂取は控える必要がないとされています。それは、ビタミンAには、次の2つの種類があるためです。

動物性由来の「レチノール」

植物性由来の「ベータカロテン」

ウナギやレバーに多く含まれるのは前者のレチノールで、これには、胎児の奇形の原因になる成分が含まれています。レチノールは体内に蓄積・吸収されやすいので、過剰摂取しないよう注意が必要です。

青汁に含まれているのは、後者のベータカロテンです。この成分は、体内で必要な量だけがビタミンAに変換されるため、多少摂り過ぎても体に蓄積される心配がありません。つまり、青汁から摂取するビタミンAは、妊婦の方やお腹の赤ちゃんに悪影響がないということです。

ビタミンAは不足すると免疫力が低下してしまうため、むしろ適度な摂取は必要で、厚生労働省でも「妊娠中の女性は緑黄色野菜などからβカロテンを摂るように」と奨励しています。

糖分やカフェインが含まれているものは注意

妊娠中は、糖分やカフェインの摂り過ぎに注意しなければなりません。

カフェインについて

カフェインは、過剰摂取するとお腹の赤ちゃんの腎臓に負担をかけたり、カルシウム不足を引き起こしたりして、母子共に悪影響を受けることがあります。

青汁の中にはカフェイン入りのものもありますので注意が必要です。摂取量を守っていれば問題ありませんが、カフェインのことを気にせずに飲むには、ノンカフェインタイプをおすすめします。

糖分について

妊娠中はお腹がすくからといって糖分を摂り過ぎると、肥満を引き起こして出産を難産にする可能性があります。また、生まれてきた赤ちゃんが将来肥満児になる確率も高まります。

その他にも、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病のリスクにもつながりますので、青汁を飲む時にはちみつや砂糖を入れる人は、量を控えるようにしましょう。

残留農薬、添加物、産地などを確認

妊娠中に口にするものは、直接胎児に影響を与えます。農薬や添加物が使われている食品は、なるべく避けるようにしましょう。

摂取してしまった添加物を排出するためには、食物繊維やブロッコリー・ケールなどが有効といわれています。これらを効率良く摂取できるため、青汁は妊婦の方にとても有効ですが、もし青汁そのものに有害物質が含まれていては意味がありません。

青汁を選ぶ際は、原材料が国産のもので、無農薬、無添加と表記されているものが望ましいでしょう。

青汁が妊婦におすすめな理由

青汁は、お腹に赤ちゃんがいても安心して飲めるだけではなく、むしろ積極的に摂って欲しいサプリです。食物繊維やビタミンなど、青汁には妊娠中の女性に必要な栄養素がたっぷりと詰め込まれています。

妊婦は便秘になる人が多い

妊娠中は、ホルモンの影響や子宮が大腸を圧迫する関係で、便秘になりやすい傾向があります。青汁には、食物繊維や乳酸菌がたっぷり含まれているため、腸の活動を促し、便をやわらかくする効果があります。この整腸効果が、妊婦の強い味方になってくれます。

栄養素が不足しがち

妊婦の方は、カルシウムなどの栄養素がどんどんお腹の赤ちゃんに取られていきます。そのため、普段と同じように食べていても、本人は栄養素不足になりがち。つわりで、食べ物を受け付けないような時期は、なおさらです。

青汁なら、ビタミンやミネラル、繊維質などが非常にバランスよく含まれているため、食事で栄養が偏っても、不足している成分をしっかり補うことができます。

葉酸は妊婦にとって重要

葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの脳の発育を助けて神経を作る働きがある栄養素です。赤ちゃんの脳は妊娠6週目くらいまでに完成するので、妊娠初期に積極的に葉酸を摂取することが理想です。

青汁の主要な成分に葉酸が含まれていることは有名です。妊婦の方にとって嬉しいこと尽くめです。

まとめ

青汁は、妊娠中の女性に必要な栄養素がたくさん詰まった食品ですので、妊婦の方にこそおすすします。

βカロテン…免疫力を高める(必要な分だけビタミンAに変換されるので、摂り過ぎの心配をしなくてよい)

食物繊維…便秘を解消する

ビタミンやミネラル…不足しがちな栄養素を補う

葉酸…胎児の脳や神経の発達を助ける

青汁にもさまざまな種類がありますが、妊娠中の方は次のものを選びましょう。

ノンカフェインのもの

国産の原材料を使ったもの

無添加&無農薬のもの

どんなに体にいいといっても、飲み過ぎには注意が必要です。毎日1~2杯の適量は守りましょう。また、飲んだあと体調がすぐれない場合には、ただちに中止しましょう。

酵素青汁の関連記事はこちら

酵素青汁 TOP